【洋楽】 女性ヴォーカルの名盤! ロックレジェンドから若手まで心に響くおすすめベスト30+α

2020年11月30日

こんな方に

  • 洋楽ロックが好き!
  • 女性アーティストの名盤アルバムを知りたい!

そんな方に洋楽女性ヴォーカルの名盤をご紹介します。

 

ウィック
最近のものから古いものまで、音楽史に刻まれるであろう女性アーティストの名盤を30枚選んでみました

ソロ・アーティストもバンドも、ロックもジャズもソウルも!
ペディ

ウィック
ぜひ、参考にして聴いてみてください

(以下ウィックはW、ぺディはP

こちらの記事もおすすめ!

【洋楽】男性シンガーソングライターの名盤! ロックレジェンドから若手までおすすめベスト50

こんな方に 洋楽ロックが好き! 男性シンガーソングライターの名盤アルバムを知りたい! そんな方に洋楽男性シンガーソングライターの名盤をご紹介します。   ウィック最近のものから古いものまで、 ...

続きを見る

【洋楽】デュオアーティストによる名盤! フォークやロック、男女デュオなどおすすめ15選+α

こんな方に 洋楽のデュオアーティストを知りたい! デュオアーティストの名盤アルバムを知りたい! フォークからロックまで、幅広いデュオの作品を知りたい! そんな方に洋楽デュオ・アーティストの名盤をご紹介 ...

続きを見る

【洋楽ロック】これだけは聴きたい! 年代別名盤 おすすめオールタイムベスト100

こんな方に 洋楽ではずせない名盤は? 年代ごとにおすすめの名盤アルバムを知りたい! インディーロックも多めに知りたい! こんな方に洋楽名盤をご紹介します。   ウィック名盤セレクトって人によ ...

続きを見る

 

目 次

2010年代

『Atlanta Millionaires Club』フェイ・ウェブスター - Faye Webster〔2019〕


ペダル・スティールの音が心地いいドリーミー・ポップの傑作

P「若干15歳で自主リリースによってデビューしたアメリカ・アトランタ出身のシンガー・ソングライターの21歳の時にリリースした3rdアルバム」

W「ジャケットのインパクトとまったく雰囲気の異なる作品で、ペダル・スティールを多用したカントリーテイストと現代的なサウンドのミックスによる、ドリーミーでポップな作品。

けだるいヴォーカルは癖になる感じで、“Kingston”などはコリーヌ・ベイリー・レイあたりを思わせる名曲」

試聴する

 

『When We All Fall Asleep Where Do we Go?』ビリー・アイリッシュ - Billie Eilish〔2019〕


新時代を告げるポップの名盤!

P「女性アーティストとして初めて、しかも史上最年少でグラミー賞主要4部門を受賞した本作品」

W「やっていることは決して新しいものではないけど、彼女のフィルターを通すとそれが新しいものとして聴こえてくるから不思議。新時代を象徴する一枚」

試聴する

 

『By The Way, I Forgive You 』ブランディ・カーライル - Brandi Carlile〔2018〕


グラミー賞に6部門ノミネートされた魂を感じる傑作!

P「アメリカの主にロックやオルタナ・カントリー、フォークなどにジャンル分けされるシンガーソングライターの6枚目のアルバム」

W「グラミー賞の主要3部門を含む6部門にノミネートされた傑作で、ハスキーで張り上げるように歌う歌声はエモく、魂の叫びのようなものが感じられます。その中でも特に“The Joke”は必聴の名曲」

試聴する

 

『Lush』スネイル・メイル - Snail Mail〔2018〕


若干18歳で名門マタドールと契約した女性シンガーソングライター!

P「エモい若き女性シンガーソングライターのデビュー作」

W「ジュリアン・ベイカーと完全にイメージがかぶりますが、物憂げなヴォーカルとギターの腕前も確かなものがあり、アコースティックからハードなギターまで印象的に弾くのがかっこいいです」

試聴する

 

『Turn Out The Lights』ジュリアン・ベイカー - Julien Baker〔2017〕


魂をむき出しにして歌うヴォーカルスタイルは圧巻!

P「アメリカのインディ・シーンにおいて大注目の若きシンガー・ソングライター、ジュリアン・ベイカーの傑作2ndアルバム」

W「ギターとキーボードをベースにシンプルなスタイルの演奏ながら、どの曲も荘厳なイメージで、抑えきれない感情を爆発させるかのように歌うそのスタイルは本当に感動的。ドラッグの依存や交通事故の瀕死体験など数々の苦悩や葛藤をかかえていたようですが、それが作品にいい形で反映されています」

試聴する

 

『Stranger In The Alps』フィービー・ブリジャーズ - Phoebe Bridgers〔2017〕


ライアン・アダムスの目にとまった実力派の傑作デビューアルバム!

P「ジュリアン・ベイカーとルーシー・ダカスとともに「ボーイジーニアス」というユニットも組んでいるLA出身の女性シンガーソングライターの傑作1stアルバム」

W「ライアン・アダムスに認められてデビューした彼女の実力は本物。楽曲の良さが際立っていて、ゲストボーカルにブライト・アイズのコナー・オバーストも参加しているけど、その相性も抜群」

 

『Aviary』ジュリア・ホルター - Julia Holter〔2018〕


個性的な女性ヴォーカル好きは必聴!

P「アメリカ・LA出身の女性シンガーソングライターの5thアルバム」

W「個性的な歌声が魅力で、雰囲気も異彩を放ち、一曲目から別次元に持って行かれます」

試聴する

 

『Gilded』ジェイド・ジャクソン - Jade Jackson〔2017〕


注目の女性カントリー・アーティストによる傑作!

P「カリフォルニア、サンタ・マルガリータ出身のカントリー・アーティスト、ジェイド・ジャクソンのデビューアルバム」

W「正直、知名度はそれほど高くないと思われますが、アメリカン・ミュージックの伝統が息づくサウンドで、派手さはありませんが、それが逆にエモーショナルで心を揺さぶります」

試聴する

 

『Tara Jane O'Neil』タラ・ジェイン・オニール - Tara Jane O'Neil〔2017〕


「シンガーソングライター」とはかくあるべきという傑作!

P「アメリカ・シカゴ出身の女性シンガー・ソングライターの9thアルバム」

W「ほぼ全編にわたってアコースティックなアンサンブルで、荘厳な世界観の中でも歌声がみずみずしく、心に残る傑作です」

試聴する

 

『This Is Acting』シーア - Sia〔2016〕


この人も才能の塊、現代のポップ・アイコン!

P「ソングライターとしても数々の売れっ子アーティストに楽曲を提供していた彼女が本領を発揮した6thアルバム」

W「パワフルな歌声と圧倒的なポップワールド、まさに才能が爆発した傑作」

試聴する

 

『Hopelessness』アノー二 - Anohni〔2016〕


現代版ゴスペルともいえる傑作!

P「元アントニー&ザ・ジョンソンズ、トランスジェンダーとしても知られていて、名前も変え、女性としてスタートを切った1stアルバム」

W「バンドでは牧歌的でシンフォニックだったのに対し、ソロではエレクトロニックな変化を見せていて、アンビエントやドローン、ヒップホップも駆使した作品となっています」

試聴する

 

『Sound & Color』アラバマ・シェイクス - Alabama Shakes〔2015〕


ヴォーカル、ブリタニー・ハワードの迫力ある歌声が圧倒的!

P「バンド名のとおり、アメリカのアラバマ州アセンズで結成されたロック・バンド、アラバマ・シェイクスの2ndアルバム」

W「グラミー賞で最優秀オルタナティブ・ ミュージック・アルバム含む全4部門を受賞した名盤中の名盤。ソウル、ブルース、ファンク、R&B、ゴスペルとありとあらゆる音楽が渾然一体に取り入れてモダンな楽曲へと昇華しています」

試聴する

 

『Choose Your Weapon』ハイエイタス・カイヨーテ - Hiatus Kaiyote〔2015〕


新時代の音楽ともいえるようなジャンルレスのいい意味で変態的なアルバム!

P「グラミー賞でベストR&Bパフォーマンス部門にノミネートされるなど注目されるオーストラリアのバンド、ハイエイタス・カイヨーテの2ndアルバム」

W「フューチャー・ソウル・バンドと形容されるように、いわゆるロックバンドというよりは、アシット・ジャズやファンク寄りで、うねるようなグルーブあふれるサウンドが特徴。ギター・ヴォーカルの紅一点ネイ・パームの存在感がすごい

試聴する

 

『Ultraviolence』ラナ・デル・レイ - Lana Del Rey〔2014〕


アップテンポの曲は皆無でも、浮遊感ただよう楽曲はただただ心地いい!

P「アメリカ・ニューヨーク出身のシンガーソングライター、ラナ・デル・レイ(芸名)のメジャー2ndアルバム」

W「ヴォーカルスタイルははかなげで、けだるく、いわゆる“サッドコア”。特に最高な1曲が、シングル曲でなぜか国内版アルバムのボーナストラックと位置付けられている“Black Beauty”。こんなに美しく、感動的な曲もそうそうないのでは」

試聴する

 

『1989』テイラー・スウィフト - Taylor Swift〔2014〕


時代の象徴ともいえる歌姫の代表作!

P「まさにポップアイコンとして、押しも押されもせぬ人気を博している彼女の代表作」

W「大ヒット曲の“Shake It Off”をはじめとしてポップチューンが満載。カントリー時代とはまた違った魅力が楽しめます」

試聴する

 

『If You Want』ロンドン・グラマー - London Grammar〔2013〕


ハンナの神秘的なヴォーカルが魅惑的!

P「イギリス・ノッティンガムで結成した男女混成のロックトリオのデビュー・アルバム」

W「哀愁漂うギターサウンドと女性ヴォーカルのハンナの声が特徴的。バンド構成的にもThe XXと似た印象があり、比較されがちなのも納得」

試聴する

 

『Radio Music Society』エスペランサ・スポルディング - Esperanza Spalding〔2012〕


ジャズベースとヴォーカルの二刀流の傑作!

P「アメリカのマルチ・インストゥルメンタリストで主にジャズベース兼ヴォーカリストのグラミー賞(最優秀ジャズ・ボーカル・アルバム)を受賞した名盤」

W「ジャズとしてもR&B、ポップスとしても聞き手を選ばない魅力溢れる傑作。テクニックも随一で、まさにジャズの新星と呼ぶにふさわしい逸材」

試聴する

 

『21』アデル - Adele〔2011〕


全世界20カ国で1位を獲得するなど記録ずくめのモンスターアルバム!

P「2010年代は女性アーティストの活躍が目をひきますが、その中でもやはり、このアデル(Adele)の2ndアルバムは筆頭」

W「失恋に対する離別を曲にしたという美しい楽曲の数々で、高ぶる感情をコントロールするかのように歌われるハイトーンが胸にしみます。レッド・ホット・チリ・ペッパーズの『カリフォルニケイション』が大好きだということで、数曲でプロデュースにリック・ルービンを起用していることも特徴的」

試聴する

 

『The Sea』コリーヌベイリー・レイ - Corinne Bailey Rae〔2010〕


心地いいサウンドと気だるげな歌声に癒される!

P「イギリス・リーズ出身のシンガー・ソングライターの傑作2ndアルバム」

W「大ヒットした1stアルバムももちろんおすすめですが、2008年に旦那さんが亡くなった影響か、悲しさと切なさ、反対に癒しが感じられる内容となっていて、唯一無二の歌声にしっとりと聴き入ってしまう作品です」

試聴する

 

『The Archandroid』ジャネール・モネイ - Janelle Monáe〔2010〕


近未来からやってきた歌姫によるアフロフューチャリズムの傑作!

P「アウトキャストのビッグ・ボーイに見出されたアメリカ出身の女性アーティストのデビュー・アルバム」

W「近未来をテーマにしたコンセプトアルバムで、ジャズやR&B、ロック、ファンクと変幻自在に曲調が変わりながらもストーリー性のある流れを感じさせる傑作」

試聴する

 

2000年代

『Saint Dymphna』ギャング・ギャング・ダンス - Gang Gang Dance〔2008〕


渾然一体となったハイブリッドサウンドとシャーマニックなヴォーカルがヤバイ!

P「ニューヨークから飛び出したポップと前衛を行き来するエクスペリメンタル・ロックバンドの最高傑作」

W「とにかくすごいバンド。シャーマニックに絶叫する女性ヴォーカルと浮遊するパーカッション、エフェクトを駆使したサウンドやビートも絡み合った強烈な楽曲がヤバイ感じです」

 

『Back to Black』エイミー・ワインハウス - Amy Winehouse〔2006〕


ハスキーヴォイスの歌姫による傑作!

P「イギリスのソウル、R&Bのシンガーソングライターによる2ndアルバムにしてラストアルバム」

W「2011年に27歳の若さでこの世を去ったことが残念な、才能溢れるアーティスト。ハスキーヴォイスが魅力で、ソウルフルな歌いっぷりは最高」

試聴する

 

『Fever To Tell』ヤー・ヤー・ヤーズ - Yeah Yeah Yeahs〔2003〕


女性パンキッシュ・ヴォーカルの傑作!

P「アメリカ・ニューヨークで結成された男女3人組のバンドによるデビュー・アルバム」

W「バンドサウンドはオルタナ系のロックスタイルだけど、女性版ジャック・ホワイトともいえるようなカレンOのパンキッシュなヴォーカルスタイルがとにかくかっこいいです」

試聴する

 

『Come Away With Me』ノラ・ジョーンズ - Norah Jones〔2002〕


ジャズファンだけにとどまらない名盤!

P「ジャズの世界にとどまらないポップシンガー、ノラ・ジョーンズの1stアルバム」

W「ジャズの名門レーベルBlue Noteからリリースされましたが、ジャズファンだけでなく、ポップスやロックファンも虜にし、全世界で1800万枚も売れた歴史的名盤」

試聴する

 

次のページへ >

-洋楽

Copyright © wick and peddy , All Rights Reserved.