【邦楽】 男性シンガーソングライターの名盤! 期待の若手から大物まで心に響くおすすめ25選+α

こんな方に

  • 邦楽が好き!
  • 男性アーティストの名盤アルバムを知りたい!

そんな方に邦楽男性シンガーソングライターの名盤をご紹介します。

 

ウィック
フォークシーンからロックまで、外すことができないシンガーソングライターの名盤をご紹介します

今注目の期待の若手から日本の音楽シーンに名を残す大物まで選んでみました
ペディ

ウィック
聴いたことがないアーティストがいたら、まずこれから聴いたほしいという一枚を選んでいます。

ぜひ、参考にして聴いてみてください

(以下ウィックはW、ぺディはP

こちらの記事もおすすめ!

【邦楽ロック】これだけは聴きたい! 年代別名盤 おすすめオールタイムベスト100

こんな方に 邦楽ではずせない名盤は? 年代ごとにおすすめの名盤アルバムを知りたい! こんな方に邦楽名盤をご紹介します。   ウィック名盤セレクトって人によって絶対違うよね。 そうね、数ある中 ...

続きを見る

【邦楽】 女性シンガーソングライターの名盤! 期待の若手から大物まで心に響くおすすめ15選+α

こんな方に 邦楽が好き! 女性アーティストの名盤アルバムを知りたい! そんな方に邦楽女性シンガーソングライターの名盤をご紹介します。   ウィック歌が上手いだけでもすごいのに、さらに曲まで作 ...

続きを見る

【洋楽】男性シンガーソングライターの名盤! ロックレジェンドから若手までおすすめベスト50

こんな方に 洋楽ロックが好き! 男性シンガーソングライターの名盤アルバムを知りたい! そんな方に洋楽男性シンガーソングライターの名盤をご紹介します。   ウィック最近のものから古いものまで、 ...

続きを見る

 

井上 陽水

氷の世界〔1973〕


70年代のフォークシーンに風穴を開けた名盤!

井上陽水さんの初期の傑作で、バラエティにとんだ3rdアルバムです。

ロンドンで名うてのミュージシャンを起用してレコーディングされた作品で、日本レコード史上初のLP販売100万枚突破の金字塔を打ち立てた作品。

“帰れない二人”、“氷の世界”、“心もよう”は特におすすめ。

試聴する

 

 

忌野 清志郎

KING〔2003〕


清志郎さんワールドを堪能できるソロの名盤

三宅伸治さんと共作したフルバンドによるソロ4枚目のアルバムです。

いわゆるスタンダードなソウル、ブルース、ロックンロールを下敷きにしたサウンドだけど、そこに清志郎さんの歌詞とメロディと歌声がのれば、それは唯一無二の魅力があふれています。

“HB・2B・2H”や“モグラマン”のような独特の世界観のような曲もあれば、“雑踏”、“約束”のような泣いてしまうような曲まで、清志郎さんワールドを堪能できる名盤。

試聴する

 

 

大滝 詠一

A LONG VACATION〔1981〕


ヒットメーカーによる日本ロックアルバム最重要アルバム!

プロデューサー、作曲家としても数々の名作を世に送り出した元はっぴいえんどの大瀧詠一さん。

その最大のヒットアルバムとなったのが通称「ロンバケ」として親しまれる4枚目の作品です。

作詞は“Pap-Pi-Doo-Bi-Doo-Ba物語”を除いて、盟友松本隆さんが担当。

“君は天然色”、“カナリア諸島にて”、“恋するカレン”などCMなど多数タイアップされた、一癖も二癖もあるバラエティにとんだ傑作です。

試聴する

 

 

大橋トリオ

This is music too〔2020〕


近年で最も洗練された極上のポップス

ジャズをベースにすべての楽器をこなすマルチアーティストの大橋さんの14枚目のアルバムです。

私的に大好きなキングス・オブ・コンビニエンスを彷彿とさせる洗練されたサウンドと歌声にただただ酔いしれることができます。

なんといっても大名曲の“LOTUS”をはじめ、東川亜希子さん作曲による“Ways and scenes”や名曲“Lady”のバンドアレンジなど聴きどころ満載の名盤です。

試聴する

 

 

岡林 信康

見るまえに跳べ〔1970〕


ディランを感じさせるフォークの神様の名盤

フォークの神様と評される岡林さんの2枚目のアルバム。

ジャックスの早川義夫さんプロデュースで、バックをつとめるのがはっぴいえんどの面々。まさにボブ・ディランとザ・バンドの関係性を思わせます。

11曲中6曲が岡林さんの作詞・作曲の曲で4曲はジャックスのカヴァー。反戦や反体制への主張が込められていて、その中でも特に胸を打つ“私たちの望むものは”は必聴の名曲です。

試聴する

 

 

奥田 民生

29〔1995〕


90年代を彩ったソロ活動期の傑作

パフィーをプロデュースしたり、井上陽水さんとコラボしたりと90年代の奥田さんの活躍は目をみはるものがありました。

そんな奥田さんがUNICORN解散後にリリースしたソロ第一作目がこちらです。

名曲“息子”や“愛のために”はもちろん、“ルート2”や“愛する人よ”などロックな名曲もあり、アイディアがありあまっている傑作。

 

 

尾崎 豊

十七歳の地図〔1983〕


問答無用の青春の叫びがつまった名盤!

日本のカリスマアーティストといえば、この人が筆頭ではないでしょうか。

若干26歳の若さでこの世を去った伝説のアーティストで、この作品はデビュー作にして歴史的名盤です。

“I LOVE YOU”、“15の夜”、“十七歳の地図”、そして“OH MY LITTLE GIRL”と、まるでベストアルバムかのように誰もが知っている名曲がずらりと並ぶ傑作です。

試聴する

 

 

小田 和正

K.ODA〔1986〕


記念すべきソロ第一作目の名盤

オフコース時代に並行してリリースされたソロ第一作目の作品。

小田さんのブレイクポイントといえば、なんといっても“ラブ・ストーリーは突然に”ですが、この作品はもちろんそれ以前のもので、TOTOのドラマーのジェフ・ポーカロなどをはじめとした一流ミュージシャンとともにLAで録音されています。

アメリカ西海岸サウンドのアダルトなバンドサウンドや真骨頂ともいえる美しい感動的な曲まで堪能できます。

試聴する

 

 

折坂 悠太

平成〔2018〕


平成のラストを飾った記念碑的名盤!

ドラマ『監察医 朝顔』の主題歌“朝顔”で一躍知名度があがった折坂さんですが、この作品はCDショップ大賞も受賞した2ndアルバムです。

歌謡曲からジャズ、ワールドミュージックまで多彩な要素を盛り込んだ楽曲と独特な歌唱法による声の存在感がものすごいです。

新しいんだけど、どこか懐かしさを感じさせる感じで、表現者として芯がある感じを受ける作品です。

試聴する

 

 

次のページへ >

-邦楽

Copyright © wick and peddy , All Rights Reserved.