【邦画】一度は観たい2000年代以降のおすすめ時代劇 / 歴史映画の作品 10選+α

2022年9月21日

こんな方に

    • 邦画が好きな方
    • 時代劇/歴史映画が好きな方
    • 時代劇映画の傑作を知りたい方

こんな方におすすめの時代劇/歴史映画をご紹介します。

 

ペディ
シリアスなものからコメディ色の強いもの、歴史をなぞるような作品まで時代劇といっても多種多様に楽しめる作品があります

そこで、2000年代以降のおすすめの作品を選んでみました。
  • 何を見ようか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください
  • ウィック

     

    こちらの記事もおすすめ!

    号泣必至! 泣きたい気分におすすめの泣ける映画〔洋画&邦画ベスト10〕

    こんな方に 泣きたい! ストレス発散したい! 泣ける映画を知りたい! こんな方におすすめの泣ける映画をご紹介します。   ペディ最近泣いてないなあ 泣くって身体にいいんだよね。 デトックス効 ...

    続きを見る

    【洋画】何度でも観たい! 1990年代の名作 おすすめベスト50+α

    こんな方に 洋画ではずせない名作は 1990年代のおすすめの名作を知りたい! マニアックな映画も多めに知りたい! こんな方に1990年代の洋画の傑作をご紹介します。   ペディ1990年代の ...

    続きを見る

     

    2020年代

    みをつくし料理帖〔2020〕


    角川監督集大成と言える作品

    大坂で幼馴染だった2人の少女、澪と野江は享和2年の水害で人生が一変します。

    澪は両親を亡くし天涯孤独の身となり、大坂随一の名店で奉公し、10年後江戸の蕎麦屋「つる家」で働くことになります。

    かたや野江は行方知れずとなり、江戸で花魁になっていました。

    つる家の主人は澪に店をまかせるようになり、評判となりますが、他の店の妨害などによって苦難の連続を強いられます。

    この作品のストーリーは原作で全10巻あるうちのほんの序盤をベースに制作されているので、原作ファンやNHKのドラマファンからするとどうしても比べてしてしまうかもしれませんが、この作品が初見であれば、映像の美しさ、苦難を乗り越えていく前向きさと人情味あふれる世界観を楽しめると思います。

    どうしても駆け足となってしまうストーリー展開はもったいなく感じてしまうものの、二人の苦労に想いをめぐらせ感動できる作品です。

    角川作品にゆかりのあるキャストなども多数出演で脇を固めています。

    監督 角川春樹
    脚本 江良至 / 松井香奈 / 角川春樹
    原作 髙田郁
    公開年 2020年
    出演者 松本穂香 / 奈緒 / 中村獅童/ 若村麻由美 / 石坂浩二 他

     

     

    2010年代

    引っ越し大名!〔2019〕


    江戸時代の想像を絶する藩丸ごと引っ越し苦労を描いた傑作

    参勤交代とともに、大名の力が大きくなることを防ぐために幕府がとった政策が国替え(引っ越し)です。

    家族や家具など藩丸ごと引っ越さなければいけないため、莫大な費用と労力ががかかります。

    江戸時代前期、姫路藩主の松平直矩は豊後国日田藩へ国替えを命じられます。

    以前の引っ越し奉行が亡くなっていたため、経験もない書庫番の片桐春之助がつとめることになります。

    元引っ越し奉行の娘の力を借りて悪戦苦闘しながら切り盛りしていくのですが、笑いあり涙ありの作品となっています。

    監督 犬童一心
    脚本 土橋章宏
    原作 土橋章宏『引っ越し大名三千里』
    公開年 2019年
    出演者 星野源 / 高橋一生 / 高畑充希 他

     

     

    関ヶ原〔2017〕


    天下分け目の決戦を敗軍石田三成側から描いた大作

    西軍大将の石田三成を主人公に、秀吉の死の前後から関ヶ原の合戦に至るまでの経緯を描いた作品です。

    原作は司馬遼太郎の傑作で、小説ではおなじみの“司馬語り”も劇中に踏襲されている点が原田眞人監督による作品への敬意が感じられます。

    何かと悪評の高い三成ですが、愛と正義を重んじる肯定的な人物に描かれています。ただ、人の心と勝負の帰趨を読めなかったことが敗因で、逆に天下取りの野望を抱く家康のしたたかさが際立っています。

    三成に仕える忍び・初芽との恋模様など欲張って詰め込んだせいか、散漫な感じでドラマティックさに欠けているのが残念ですが、歴史的に避けて通れない決戦なので、見ておいて損はありません。

    監督 原田眞人
    脚本 原田眞人
    原作 司馬遼太郎『関ヶ原』
    公開年 2017年
    出演者 岡田准一 / 有村架純 / 平岳大 / 東出昌大 / 役所広司 他

     

     

    殿、利息でござる!〔2016〕


    コメディタッチ風だけど、実話をベースにした感動ストーリー

    仙台藩の宿場町は、藩から伝馬役にかかる費用で苦しめられていました。

    そこで有志によって銭を出し合い、お上にお金を貸し、その利息で伝馬役の費用をまかなおうという奇策を立て、奔走するというお話です。

    ジャケットだけ見ると悪巧みしているように見えて誤解してしまいますが、実は私欲を捨てて町のために尽くしたという、磯田道史の評伝「穀田屋十三郎」(『無私の日本人』所収)が原作の物語です。

    藩主役を務めるのはあの国民的スターがサプライズ出演しているのも見どころの一つです。

    監督 中村義洋
    脚本 中村義洋 / 鈴木謙一
    原作 磯田道史「穀田屋十三郎」(『無私の日本人』所収)
    公開年 2016年
    出演者 阿部サダヲ / 瑛太 / 妻夫木聡 / 竹内結子 他

     

     

    蜩ノ記〔2014〕


    感涙の直木賞受賞作品の映画化した時代映画の傑作

    城内で刃傷騒ぎを起こした檀野庄三郎は切腹の代わりにある男の監視を命じられることに。

    その男とは7年前に藩主の側室と不義密通の罪で村に幽閉されている戸田秋谷で、10年後に切腹することが決まっていて、その間家譜の編纂をまかされていました。

    檀野が戸田に会ってみると、とても不義をはたらくような人物でないことがわかり、藩の秘密が隠されていることを突き止めます。

    あらがえない運命と藩の理不尽さがなんとも言えず切なく、それでも家老に立ち向かっていく様や家族の絆に心を打たれます。

    監督 小泉堯史
    脚本 小泉堯史 / 古田求
    原作 葉室麟『蜩ノ記』
    公開年 2014年
    出演者 役所広司 / 岡田准一 / 堀北真希 / 原田美枝子 他

     

     

    超高速!参勤交代〔2014〕


    参勤交代の理不尽さを跳ね返す作品

    参勤交代とは、全国の大名に反乱を抑え、忠心を確認するために一年おきに大名行列を組んで江戸に出仕させることです。

    それには莫大な費用と労力がかかり、また人質として家族を江戸に住まわせています。

    八代将軍・徳川吉宗の時代に、磐城国の小藩湯長谷藩は参勤交代から帰ってきたばかりなのに、金山略奪を狙った江戸幕府の老中が疑義を唱え、5日以内に再び参勤せよと命じ、間に合わなければ藩を取り潰しにするという無理難題を押し付けます。

    準備に半年、8日はかかる道のりを間に合わせるために試行錯誤し、向かいますがそこに追っ手の隠密が待ち受けていて道中は苦難の連続。

    コミカルな話かと思いきや、どちらかというとアクションがあったりとハラハラドキドキのエンタメ作品となっています。

    監督 本木克英
    脚本 土橋章宏
    原作 土橋章宏『超高速!参勤交代』
    公開年 2014年
    出演者 佐々木蔵之介 / 西村雅彦 / 深田恭子 / 伊原剛志 他

     

     

    十三人の刺客〔2010〕


    ヴァイオンレンス味の強い骨太な時代劇大作

    江戸時代後期、明石藩主松平斉韶に将軍の意によって老中就任が内定していることが決まったという。

    ただ、この斉韶は暴虐で悪行が評判な暴君で、このまま老中に加わると必ず民に災いが起こるであろうと、太平の世に侍として死に場所を求めていた島田新左衛門はじめ侍たちが立ち上がります。

    いろいろな策を用いて、13人対200人以上の闘いに挑みますが、その戦闘シーンは圧巻。

    通常の時代劇の想像を超えるほどヴァイオレンス味の強さは三池監督ならでは。

    1963年の片岡千恵蔵主演、工藤栄一監督作品のリメイク作品です。

    監督 三池崇史
    脚本 天願大介
    公開年 2010年
    出演者 役所広司 / 松方弘樹 /山田孝之 / 稲垣吾郎 / 市村正親 他

     

     

    最後の忠臣蔵〔2010〕


    忠臣蔵の後日譚を描いた切ない物語

    赤穂浪士の足軽で伝令役を務めていた寺坂吉右衛門は大石蔵之助から事件の真実を後世に伝え、浪士の遺族に援助するために生きることを命じられていました。

    16年かけようやくすべての遺族をまわった時、盟友・瀬尾孫左衛門を偶然見かけます。

    彼は討ち入り前に逃亡し汚名を着せられていた一人でしたが、彼が生き延びたのにはある使命がありました。

    歴史的にも名高い忠臣蔵ですが、その後日譚を描いた池宮彰一郎さんの小説が原作です。

    16年という歳月を思うとあまりに切なく、感動的な終盤とタイトルに込められたラストを思うと胸が張り裂けそうな思いにきっとなるでしょう。

    監督 杉田成道
    脚本 田中陽造
    原作 池宮彰一郎
    公開年 2010年
    出演者 役所広司 / 佐藤浩市 / 片岡仁左衛門 / 桜庭ななみ 他

     

     

    大奥〈男女逆転〉〔2010〕


    男女逆転で見えてくる不条理な世界

    後に連続ドラマ化も制作されたよしながふみさん原作による時代劇漫画の傑作です。

    赤面疱瘡という若い男性だけがかかる疫病によって、男性の数が激減し、社会が女性中心となった江戸時代が舞台となっています。

    一人の女将軍に3000人もの美男子が大奥で仕えていて、その中で武士道を追求する水野祐之進は慣習に抗い、将軍の寵愛を受けるための陰謀渦巻く中で出世していきます。

    男女逆転で見せることによって、当たり前のように受け止められていた歴史がいかに歪なものであるか思い知らされる作品です。

    監督 金子文紀
    脚本 高橋ナツコ
    原作 よしながふみ『大奥』
    公開年 2010年
    出演者 二宮和也 / 柴咲コウ / 堀北真希 / 玉木宏 / 佐々木蔵之介 他

     

     

    2000年代

    真夜中の弥次さん喜多さん〔2005〕


    常識外れのナンセンスギャグロードムービー時代劇

    ワイルドな弥次さんとヤク中の喜多さんの同性カップルによるヤク中を直すためと自分探しのためにお伊勢を目指すドタバタ珍道中です。

    行く手には笑いをとらなければ通れない関所や歌い踊らなければいけない町など、奇想天外なストーリーで現代要素を散りばめた常識外れの時代劇です。

    後半からは精神世界へどっぷりハマりこんでいくドラッグムービーと化し、馬鹿馬鹿しいほどのギャグを圧倒的なスケールと豪華なキャストで描いたクドカンワールド全開の作品です。

    監督 宮藤官九郎
    脚本 宮藤官九郎
    原作 しりあがり寿
    公開年 2005年
    出演者 長瀬智也 / 中村七之助 / 阿部サダヲ / 小池栄子 / 柄本佑 他

     

     

    隠し剣 鬼の爪〔2004〕


    剣豪と淡い恋愛を巧みに描いた傑作

    物語の見どころは3つ。

    1つ目は武士とその家に元働いていた女中と偶然再会し、嫁ぎ先で病を患っているのに手当もしてもらえないのを見かねて自分の家に連れて帰るという恋模様。

    2つ目は、藩に謀反をはたらいたのが元仲間で、それを斬るよう藩に命じられること。

    3つ目はタイトルの隠し剣 鬼の爪とはどんな剣であるのか。

    名匠山田洋次監督にかかれば時にユーモラスに時に切なくバランスよく描いています。

    永瀬さんと松たか子さん、どちらも時代劇にうまくハマっています。

    監督 山田洋次
    脚本 山田洋次 / 朝間義隆
    原作 藤沢周平『隠し剣鬼ノ爪』『雪明かり』
    公開年 2004年
    出演者 永瀬正敏 / 松たか子 / 小澤征悦 / 吉岡秀隆 他

     

     

    壬生義士伝〔2003〕


    新撰組で義と家族のために戦った男の壮絶な生き様に魂が震えます

    物語は明治32年の東京の小さな病院から始まります。

    熱の出た孫を連れてきた老人は、かつて新撰組で戦った斉藤一でした。

    その病院で目にした写真の男はかつて憎むほど嫌った吉村貫一郎で、彼は盛岡・南部藩を脱藩して、新撰組の剣術師範方をつとめた男です。

    死にたくないといい、金にもがめついほど執着しましたがそれには理由がありました。

    新撰組の名だたる隊士が一目おいた田舎侍をメインに幕末における家族愛と友情を描いた、感涙必至の感度作です。

    監督 滝田洋二郎
    脚本 中島丈博
    原作 浅田次郎
    公開年 2003年
    出演者 中井貴一 / 佐藤浩市 / 三宅裕司 / 村田雄浩 / 夏川結衣 他

     

     

    たそがれ清兵衛〔2002〕


    新撰組で義と家族のために戦った男の壮絶な生き様に魂が震えます

    舞台は幕末の庄内、海坂藩で病弱の妻を看取り、祖母の介護と二人の娘を世話をすることで貧乏暮らしをしていた清兵衛。

    そのため、同僚のつきあいもすることがなく、夕方になるとすぐに帰ってしまうことからたそがれ清兵衛と陰口を叩かれていました。

    畑仕事や内職で糊口をしのいでいた清兵衛は実は剣の師範代の腕前。

    幼馴染の朋江の元夫を果たし合いで負かしたことによって腕前が噂になり、上意討ちの討手として選べれ、死地に向かうことに。

    清兵衛のと最後に戦う余吾膳右衛門役を演じた田中泯さんの危機迫る怪演が素晴らしいです。

    また朋江さんとのすれ違う恋の行方も見どころの一つ。

    巨匠・山田洋次監督の時代劇三部作第一弾にして、時代劇の歴史的傑作といわれる作品。

    監督 山田洋次
    脚本 山田洋次 / 朝間義隆
    原作 藤沢周平『たそがれ清兵衛』『竹光始末』『祝い人助八』
    公開年 2002年
    出演者 真田広之 / 宮沢りえ / 田中泯 / 小林稔侍 / 岸惠子 他

     

     

    まとめ

    ペディ
    いかがでしたでしょうか

    もし観てない作品があったら、ぜひ観てくださいね
    ウィック

    こちらの記事もおすすめ!

    号泣必至! 泣きたい気分におすすめの泣ける映画〔洋画&邦画ベスト10〕

    こんな方に 泣きたい! ストレス発散したい! 泣ける映画を知りたい! こんな方におすすめの泣ける映画をご紹介します。   ペディ最近泣いてないなあ 泣くって身体にいいんだよね。 デトックス効 ...

    続きを見る

    【洋画】何度でも観たい! 1990年代の名作 おすすめベスト50+α

    こんな方に 洋画ではずせない名作は 1990年代のおすすめの名作を知りたい! マニアックな映画も多めに知りたい! こんな方に1990年代の洋画の傑作をご紹介します。   ペディ1990年代の ...

    続きを見る

    -映画

    Copyright © wick and peddy , All Rights Reserved.