【邦楽ロック】これだけは聴きたい! 年代別名盤 おすすめオールタイムベスト100

2021年4月17日

1980年代

RHAPSODY / RCサクセション〔1980〕


最強にして最高のライブ・アルバムの名盤!

P「チャボこと仲井戸麗市を加えて全盛期のメンバーが揃って本格的にロックバンド編成に移行したライブアルバム」

W「まさにRCの世界観がつまった傑作ライブアルバムで、“雨上がりの夜空に”をはじめとしてロック熱が満ち溢れています」

 

軋轢 / フリクション〔1980〕


ソリッドなジャパニーズ・パンクの傑作!

P「ニューヨークのパンク、ニューウェーブシーンへの返答ともいえるジャパニーズ・パンクの名盤」

W「ソリッドかつ緊張感あふれるサウンドで、プロデュースにはメンバーとともに坂本龍一が共同でつとめている」

 

THE ROOSTERS / THE ROOSTERS〔1980〕


まさに日本ロックのお手本のような名盤!

W「大江慎也さんと花田裕之さん、池畑潤二さん、井上富夫さんの4人による北九州市で結成された4人組バンドのデビュー作」

P「パブロックやブリティッシュビートをベースとして、ロックンロールのかっこよさを実感できるアルバム。ミッシェル・ガン・エレファントあたりが好きな人は必聴」

 

A LONG VACATION / 大滝 詠一〔1981〕


ヒットメーカーによる日本ロックアルバム最重要アルバム!

W「プロデューサー、作曲家としても数々の名作を世に送り出した元はっぴいえんどの大瀧詠一さん最大のヒットアルバム」

P「通称「ロンバケ」として親しまれる本作は、一癖も二癖もあるバラエティにとんだ傑作」

 

愛の世代の前に / 浜田 省吾〔1981〕


ロックもバラードも超一級の名盤!

W「日本のシンガーソングライターを代表する一人の浜田省吾さんの7thアルバム」

P「90年代にドラマのタイトルとして使われたことによって覚えている方も多いと思いますが、バラードからロックチューンまで名曲揃いの名盤」

 

SOMEDAY / 佐野 元春〔1982〕


日本を代表するロック・シンガーソングライターの名盤!

W「佐野元春さんの初期の傑作にして代表作の3rdアルバム」

P「大瀧詠一さんのプロジェクト「ナイアガラ・トライアングル」への参加を果たし、フィル・スペクターばりのウォール・オブ・サウンドを導入した本作は、まさに捨て曲なしのロック史に残る名盤」

 

南蛮渡来 / JAGATARA〔1982〕


カリスマ江戸アケミによるフリーキーな名盤!

W「初めて聞いたときはカオスのように感じましたが、江戸アケミさんが率いたJAGATARAの傑作1stアルバム」

P「縦横無尽のファンクサウンドに、独特の言葉の世界に慣れれば中毒必至」

 

MELODIES / 山下 達郎 〔1983〕


J-POPとはまさに彼のためにある言葉!

P「7枚目のオリジナル・スタジオアルバム」

W「夏を感じさせる名曲から、まさかクリスマスの定番曲になるとは思いもしなかったはずの“クリスマス・イブ”まで、山下達郎ワールド全開の名盤」

 

十七歳の地図 / 尾崎 豊〔1983〕


問答無用の青春の叫びがつまった名盤!

W「日本のカリスマロックアーティストといえば、この人が筆頭ではないでしょうか」

P「1stアルバムにして、ベストアルバムかのような誰もが知っている名曲がずらりの傑作」

 

DISILLUSION 〜撃剣霊化〜 / LOUDNESS〔1984〕


世界に誇る日本のメタルアルバムの名盤中の名盤!

W「ラウドネスは世界でも活躍しているバンドですが、まさに日本のヘヴィメタルバンドの代名詞ともういえる存在」

P「このアルバムは4枚目で、日本だけでなく、初めて海外盤もリリースされた記念碑的作品。ギタリストの高崎晃さんの超絶テクや、今は亡き樋口宗孝さんのパワフルなドラミングを堪能できる名盤」

 

BEAT EMOTION / BOØWY〔1986〕


伝説のバンドの名盤!

W「ヴォーカルの氷室京介さんとギターの布袋寅泰さんという最強のコンビを誇るまさに伝説のロックバンド」

P「アルバム数はそれほど多くなく、どれも名盤といえますが、中でも5枚目の本作はまさにビート系バンドのお手本ともいえる作品」

 

3rd BREAK / BARBEE BOYS〔1986〕


男女ツインボーカルがたまらない名盤!

W「男女ツインボーカルで、ヴォーカルがサックスも演奏するという、ロックバンドの中でも一際異彩を放つバービーボーイズの傑作3rdアルバム」

P「KONTAさんと杏子さんの歌声やパフォーマンス、ギターのイマサ(いまみち)さんの癖の強いギターなどもうとにかくかっこいいの一言」

 

THE BLUE HEARTS / THE BLUE HEARTS〔1987〕


誰もが認めるパンクロックの名盤!

W「知らない人はいないであろう、ボーカルの甲本ヒロトさん、リードギターの真島昌利さんを中心としたブルーハーツの記念すべき1stアルバム」

P「3rdアルバムの『TRAIN-TRAIN』ももちろん外すことができない名盤ですが、一枚選ぶならやはりこの初期衝動のつまった、1stをまず聴かないことには始まりませんね」

 

GUITARHYTHM / 布袋 寅泰〔1987〕


日本が生んだギターヒーローの名盤!

W「言わずと知れた元BOØWYのギタリスト、布袋さんのソロ1stアルバム」

P「BOØWY時代とは一味違う、ギター楽曲の幅の広さを見せつけ、味のある歌声でヴォーカリストとしてもやっていけることを証明した傑作」

 

COMPLEX / COMPLEX〔1989〕


誰もが驚いた夢の合体による名盤!

W「吉川晃司さんと元BOØWYのギタリスト布袋寅泰さんのまさに夢のようなユニットの1stアルバム」

P「この合体は誰もが驚きましたが、その化学反応もすごく、それぞれの魅力によって最高の楽曲が作り出された傑作です」

 

服部 / UNICORN〔1989〕


ユニコーン版サージェントペッパーズな名盤!

W「奥田民生さんを中心とした5人組ロックバンドの個性がフルに発揮された傑作3rdアルバム」

P「大ヒットした“大迷惑”を含み、メンバー全員が作詞作曲に参加、オーケーストラあり、子供のコーラスありなど、何でもありのスタイルを確立した作品」

 

BLUE BLOOD / X JAPAN〔1989〕


ジャパニーズヘヴィーメタル史に燦然と輝く名盤!

W「デビュー当時のバンド名はX。まさに衝撃ともいえるメジャー1stアルバム」

P「YOSHIKIの2バスドラムによるドラミングスタイルは洋楽を知らない人にはまさになんじゃこりゃでしたし、HIDEとPATAによるツインギターもカッコいい。ただのメタルというだけでなく、バラードにもクラシックの要素があったりとまさに規格外だった傑作アルバム」

 

Outerlimits / SHOW-YA〔1989〕


女性メタルバンドの最高峰のアルバム!

W「女性バンドの先駆けともいえるロックバンドSHOW-YAの傑作7thアルバム」

P「メタル色全開で、名曲“限界LOVERS”、“私は嵐”を含むパワフルな名盤」

 

BO & GUMBO / BO GUMBOS〔1989〕


日本離れしたごった煮ロックの名盤!

W「アメリカ南部ミュージックの影響を受けたロックバンドの1stアルバム」

P「ガンボとはニューオーリンズで「ごった煮スープ」とのことで、まさしくそのアメリカ南部のブルースロックをベースにしたグルーヴィーなサウンドが心地いい名盤」

 

昭和 / 長渕 剛〔1989〕


昭和と平成の節目を代表する名盤!

W「長渕さんが昭和から平成に元号が変わった節目にリリースしたアルバム」

P「ドラマや映画の主演など、まさに飛ぶ鳥落とす勢いの頃のアルバムで、名曲揃いの傑作」

 

次のページへ >

-邦楽

Copyright © wick and peddy , All Rights Reserved.