【邦画】一度は観たい2000年代以降のおすすめファンタジー映画の作品 10選+α

2022年9月22日

こんな方に

    • 邦画が好きな方
    • ファンタジー映画が好きな方
    • 感動するような傑作を知りたい方

こんな方におすすめの邦画ファンタジー映画をご紹介します。

 

ペディ
ファンタジーといってもSF的なものからコメディまで多種多様ですが、設定として非現実だけどありそうな世界観が面白いという作品がたくさんあります

そこで、2000年代以降のおすすめの作品を選んでみました。
  • 何を見ようか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください
  • ウィック

     

    こちらの記事もおすすめ!

    【邦画】一度は観たい2000年代以降のおすすめ時代劇 / 歴史映画の作品 10選+α

    こんな方に 邦画が好きな方 時代劇/歴史映画が好きな方 時代劇映画の傑作を知りたい方 こんな方におすすめの時代劇/歴史映画をご紹介します。   ペディシリアスなものからコメディ色の強いもの、 ...

    続きを見る

    【邦画】一度は観たい2000年代以降のおすすめヒューマンドラマの日本映画 15選+α

    こんな方に 邦画が好きな方 ヒューマンドラマが好きな方 感動するような傑作を知りたい方 こんな方におすすめの邦画ファンタジー映画をご紹介します。   ペディ家族や仕事、病気など、人と人との関 ...

    続きを見る

    【邦画】一度は観たい2000年代以降のコメディ映画 15選

    こんな方に 邦画が好きな方 コメディが好きな方 コメディを題材にした映画の傑作を知りたい方 こんな方におすすめの邦画のコメディ映画をご紹介します。   ペディボケ倒すようなものからクスッと笑 ...

    続きを見る

    【邦画】一度は観たい2000年代以降の音楽を題材にした日本映画 10選+α

    こんな方に 邦画が好きな方 音楽が好きな方 音楽を題材にした映画の傑作を知りたい方 こんな方におすすめの邦画の音楽を題材にした映画をご紹介します。   ペディロックからジャズ、オーケストラや ...

    続きを見る

     

    2020年代

    記憶屋〔2020〕


    記憶を奪われたのはなぜかを探るミステリー作品

    記憶をすべて消し去ってくれる記憶屋という怪人がいるという都市伝説があるといいます。

    大学生の遼一は年上の彼女にプロポーズしますが、その後連絡が取れません。

    街で見かけた彼女はなぜか主人公のことを見ても知らないといいます。

    それはきっと記憶屋の仕業ではと思い至った主人公は、幼馴染の真希や大学の先輩の弁護士とともに記憶屋に関して探り始めていきます。

    なぜ、遼一の記憶だけ消えてしまったのか、そこに隠された秘密が浮かび上がってきます。

    都市伝説という割には前提と世界観が小さく、原作に比べると人間関係の設定が変更になっていて、その辺の説明不足感が否めず、賛否がありそうですが、エンタメ作品としては軽いミステリー的要素と感動もあり、良作だと思います。

    監督 平川雄一朗
    脚本 鹿目けい子 / 平川雄一朗
    原作 織守きょうや『記憶屋』
    公開年 2020年
    出演者 山田涼介 / 芳根京子 / 佐々木蔵之介/ 泉里香 / 蓮佛美沙子 他

     

     

    サヨナラまでの30分〔2020〕


    バンドのかっこよさに痺れるファンタジー作品

    対人関係が苦手な就活中の大学生、颯太がある日、古びたカセットのウォークマンを拾った。

    それを再生してみるとなぜか一人の男が現れた。彼は1年前にメジャーデビュー目前にして死んだボーカルのアキだった。

    再生している間颯太の身体に入れ替わることができるアキは元彼女に会いに行ったり、解散していたバンドを再び始めさせようと動き出します。

    内容はファンタジーですが、バンドのメンバーや曲もかっこよく、世界観に引き込まれます。

    音楽プロデューサーを務めているのはandropの内澤崇仁さんで、劇中歌の全6曲は内澤さんはじめ、odol、mol-74、雨のパレード、Ghost like girlfriend、Michael Kanekoといったロックシーン注目のアーティストが楽曲提供していてかっこいいのも納得です。

    監督 萩原健太郎
    脚本 大島里美
    公開年 2020年
    出演者 新田真剣佑 / 北村匠海 / 久保田紗友 他

     

     

    2010年代

    今夜、ロマンス劇場で〔2018〕


    映画愛にあふれたファンタジック・ラブストーリー!

    映画監督を目指す助監督の青年と映画の中から飛び出してきたヒロインとの恋を描くファンタジー感あふれる作品です。

    過去の若かりし頃の回想シーンと現在の年老いた入院生活を行き来する構成で、芝居がかった演出は多少気になるかもしれませんが、それもラストへ向けての伏線ともなっていてすごくいいです。

    ウッディ・アレンの『カイロの紫のバラ』や『ローマの休日』など、さまざまな映画に対するオマージュが感じられて、映画への愛が感じられます。

    晩年の病床に伏す主人公役を演じた加藤剛さんが、公開後の4ヶ月後に死去したことまで含めて、ドラマティックな作品です。

    監督 武内英樹
    脚本 宇山佳佑
    公開年 2018年
    出演者 綾瀬はるか / 坂口健太郎 / 本田翼 / 北村一輝 / 加藤剛 他

     

     

    DESTINY 鎌倉ものがたり〔2017〕


    圧倒的な映像美と夫婦愛を描いたファンタジー作品

    鎌倉に住むミステリー作家、一色正和と亜希子は結婚し、生活を始めます。

    この世界の鎌倉は妖気が充満していて妖怪や魔物、幽霊が実体化して生活してるようなところです。

    そんな異世界のようなところでほのぼのとした生活を送っていますが、あるきっかけで妻を助けに黄泉の世界に行くことになります。

    『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズの原作者と監督作品によるコミカルな人情ファンタジー作品ですが、

    まるで宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』の実写版のような圧倒的な映像美と世界観を堪能できます。

    監督 山崎貴
    脚本 山崎貴
    原作 西岸良平『鎌倉ものがたり』
    公開年 2017年
    出演者 堺雅人 / 高畑充希 / 堤真一 / 安藤サクラ / 市川実日子 他

     

     

    あやしい彼女〔2016〕


    多部さんの歌のうまさとキュートさが全開の感動作

    韓国映画のリメイク作品で、世界中でリメイクされている感動ファンタジー映画です。

    女手ひとつで娘を育て上げた73歳のカツは、頑固でおせっかいな性格で周りから敬遠されがちな存在です。

    娘と喧嘩し家出し、ふと惹かれて入った写真館で写真を撮ってもらうとなぜか20歳の時の若々しい自分に戻ってしまいました。

    人生を取り戻そうと楽しんでいたところ、のど自慢大会で歌を歌ったことから人生が動き出します。

    多部さんの歌のうまさとキュートさがとにかく見どころと言えますが、コミカルながらも家族愛と人生のはかなさが胸に沁みます。

    監督 水田伸生
    脚本 吉澤智子
    公開年 2016年
    出演者 多部未華子 / 倍賞美津子 / 要潤 / 北村匠海 / 小林聡美 他

     

     

    ぼくは明日、昨日のきみとデートする〔2016〕


    泣ける恋愛系SFファンタジーの傑作!

    タイトルから、すでにストーリーが想像できるのは織り込み済みですが、七月隆文さんの同名小説を原作とした恋愛系SFファンタジー作品です。

    美大に通う学生が電車で一目惚れ。勇気を出して声をかけ、愛美とつきあうことになりますが、彼女がことあるごとに突然泣き出したりと不可解なことがおこります。

    ある日「わたし、あなたに隠していることがある・・・」と大きな秘密が明かされて。

    ファンタジックな設定を受け入れられる人にはおすすめだし、クリストファー・ノーラン監督の『TENET』を観た方ならあれ?っときっと思うはず

    なかなか設定を飲み込むまでに頭が追いつかず混乱しますが、泣けることは保証します。

    監督 三木孝浩
    脚本 吉田智子
    原作 七月隆文『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』
    公開年 2016年
    出演者 福士蒼汰 / 小松菜奈 / 山田裕貴 / 清原果耶 / 東出昌大 他

     

     

    青天の霹靂〔2014〕


    はじまりはコントみたいだけど、ラストは泣ける

    原作は劇団ひとりさんの小説2作目にして、初監督作品。

    しがないマジシャンが生きる意味を失っているとある日突然雷に打たれ、タイムスリップするというストーリー。自らの出生の秘密の謎に迫ります。

    大泉洋さんとひとりさんの掛け合いや全編にわたる雰囲気は若干ひとりさんのコントワールドを観ているようですが、物語を締めてくれているのが柴咲コウさんとエンディングテーマを歌うMr.Childrenの存在です。

    ラストはじーんと胸にせまる名作です。

    監督 劇団ひとり
    脚本 橋部敦子 / 劇団ひとり
    原作 劇団ひとり
    公開年 2014年
    出演者 大泉洋 / 柴咲コウ / 劇団ひとり 他

     

     

    ツナグ〔2012〕


    感動だけでなく、しっかり毒もこめた完璧なファンタジー映画

    死者と生者をたった一度だけ合わせてくれることができる「ツナグ」という役割を果たす存在がいます。

    それぞれたった一度、一人だけにしか会うことができませんので、選ぶ人も選ばれた人も後悔のないように決めなければいけません。

    亡くなった母に土地の権利書のありかを聞きたい男、亡くなった親友に会いたい女子高生、疾走した婚約者に会いたい男の3組の依頼に応えます。

    そして、「ツナグ」を祖母から引き継ごうとする男子高校生にも隠された秘密があります。

    それぞれ感動の再会というだけでなく、会うことによって受ける悲しみがあったりして、とても奥深いストーリーです。

    原作の見事な設定をあますところなく作品化したファンタジー映画の大傑作です。

    監督 平川雄一朗
    脚本 平川雄一朗
    原作 辻村深月
    公開年 2012年
    出演者 松坂桃李 / 樹木希林 / 佐藤隆太 / 橋本愛 / 遠藤憲一 他

     

     

    テルマエ・ロマエ〔2012〕


    阿部寛さんのコミカルな演技がとにかく面白い傑作コメディ

    古代ローマでも民衆はテルマエつまり大浴場を愛し、皇帝は巨大なテルマエを建設することで民衆の支持を集めていました。

    浴場設計技師であるルシウスはアイデアに行き詰まっている途中公衆浴場で溺れてしまい、気が付くと現代の日本の風呂にタイムスリップしてしまいます。

    そこで目にした古代ローマ人にとって斬新なアイデアを取り入れて一躍評判になり、皇帝のご指名を受けることになります。

    そんな日本の風呂のアイデアがローマの危機を救うコメディ作品です。

    阿部寛さんのコミカルな演技がとにかく面白く、ローマ人に扮する日本の濃い顔を一堂に集めたかのようなキャスティングが見事。

    ヤマザキマリさんの大人気コミックを原作とした第一作目です。

    監督 武内英樹
    脚本 武藤将吾
    原作 ヤマザキマリ
    公開年 2012年
    出演者 阿部寛 / 上戸彩 / 北村一輝 / 市村正親他

     

     

    ステキな金縛り〔2011〕


    古畑任三郎とドリフを足してほっこり具合をブレンドしたような極上コメディ

    殺人事件の容疑をかけられた男にはアリバイがあり、無罪を主張する内容とは、その時金縛りにあっていたという。

    依頼を受けた三流弁護士の宝生エミはその金縛りの原因でもある落ち武者に法廷で証言するように求める。

    見える人と見えない人のいる幽霊に、あの手この手で証言させるその方法が見事。

    コメディエンヌとしての実力をフルに発揮した深津さんのキュートさがとにかく魅力的。

    一見荒唐無稽なようでしっかり理にかなっていて、古畑任三郎ばりのトリックも用意されている法廷サスペンスコメディの傑作。

    監督 三谷幸喜
    脚本 三谷幸喜
    公開年 2011年
    出演者 深津絵里 / 西田敏行 / 竹内結子 / 阿部寛 / 中井貴一 他

     

     

    2000年代

    いま、会いにゆきます〔2004〕


    タイトルの秘密がわかった時に感動します!

    この手の映画は数多くあれど、その中でも特に泣ける大定番作品です。

    秋穂巧は、1年前に最愛の妻・澪を亡くし、1人息子の佑司と過ごしていました。

    2人は生前澪が残した、「1年たったら、雨の季節に又戻ってくるから」という言葉が気になっていて、 それから1年後、雨の季節に2人の前に死んだはずの澪が現れます。

    しかし澪は過去の記憶を全て失っていて、3人でまた暮らし始めるというストーリーです。

    亡くした母を想う子の気持ちなどを考えるとそれだけで切ないのに、母の愛に泣けて、泣けて、とにかく泣けます。

    監督 土井裕泰
    脚本 岡田惠和
    原作 市川拓司『いま、会いにゆきます』
    公開年 2004年
    出演者 竹内結子 / 中村獅童 / 田中圭 / 市川実日子 他

     

     

    まとめ

    ペディ
    いかがでしたでしょうか

    もし観てない作品があったら、ぜひ観てくださいね
    ウィック

    こちらの記事もおすすめ!

    【邦画】一度は観たい2000年代以降のおすすめ時代劇 / 歴史映画の作品 10選+α

    こんな方に 邦画が好きな方 時代劇/歴史映画が好きな方 時代劇映画の傑作を知りたい方 こんな方におすすめの時代劇/歴史映画をご紹介します。   ペディシリアスなものからコメディ色の強いもの、 ...

    続きを見る

    【邦画】一度は観たい2000年代以降のおすすめヒューマンドラマの日本映画 15選+α

    こんな方に 邦画が好きな方 ヒューマンドラマが好きな方 感動するような傑作を知りたい方 こんな方におすすめの邦画ファンタジー映画をご紹介します。   ペディ家族や仕事、病気など、人と人との関 ...

    続きを見る

    【邦画】一度は観たい2000年代以降のコメディ映画 15選

    こんな方に 邦画が好きな方 コメディが好きな方 コメディを題材にした映画の傑作を知りたい方 こんな方におすすめの邦画のコメディ映画をご紹介します。   ペディボケ倒すようなものからクスッと笑 ...

    続きを見る

    【邦画】一度は観たい2000年代以降の音楽を題材にした日本映画 10選+α

    こんな方に 邦画が好きな方 音楽が好きな方 音楽を題材にした映画の傑作を知りたい方 こんな方におすすめの邦画の音楽を題材にした映画をご紹介します。   ペディロックからジャズ、オーケストラや ...

    続きを見る

    -映画

    Copyright © wick and peddy , All Rights Reserved.