【私的おすすめ歴史/時代小説】これだけは外せない本当に面白い名作10選+α

2021年10月1日

こんな方に

  • 歴史/時代小説初心者の方
  • 歴史小説の面白いものを知りたい!
  • 時代別におすすめの歴史小説を知りたい!

こんな方におすすめの歴史/時代小説をご紹介します。

 

ウィック
歴史/時代小説と一口に言ってもいろんなものがあるよね

そうね、史実に即したものから伝奇もの、人情ものまでさまざま
ペディ

ウィック
そこで、歴史/時代小説初心者や何を読んだらいいか迷っている方のために、私が読んでよかったと思う作品をご紹介します

(以下ウィックはW、ぺディはP

※作品年度は初出を表記しています。

 

平安時代

『火怨 北の燿星アテルイ』高橋 克彦〔1999〕


東北の歴史が熱い!

W「東北地方を舞台にしたものというのは数少ない印象がありますが、高橋さんは大河ドラマにもなった『炎立つ』と『天を衝く』とあわせて「陸奥三部作」を書かれています」

P「この作品の舞台は平安時代初期で、蝦夷の英雄アテルイと桓武天皇の軍事を支えた征夷大将軍、坂上田村麻呂らとの戦いを蝦夷の視点から描いています」

W「中央集権的なヤマトの政治制度と古代東北の関係性も学ぶことができて、さらにそれに憤りを感じさせる熱いドラマがあり、あまり歴史の表に現れない戦いを堪能できます」

 

安土桃山時代

『信長の原理』垣根 涼介〔2018〕


信長がかかえるジレンマとは

W「垣根涼介さんといえば、『ワイルドソウル』や『ヒートアイランド』シリーズなど手に汗にぎるハードボイルドなアクション小説が代表作ですが、近年はもっぱら歴史小説に活動範囲を広げています」

P「歴史小説に現代的なエッセンスを取り入れ、信長がなぜ裏切られ続けて死んでいくのかを「パレートの法則(80/20 rule)」を用いて表現していきます」

W「信長をはじめ、家臣それぞれが一人称として語られていくので、その時何を思って、どうしてその行動をおこしていくのか、という心理的な部分が、とてもわかりやすく描かれています」

P「桶狭間の戦いから本能寺の変という誰もが知っているネタバレとも言える結末ですが、それでもワクワクしながら先を読みたくなり、最後はハッと思わせてくれて、一気に読ませてしまうこの作品、さすがとしか言いようがありません」

 

『じんかん』今村 翔吾〔2020〕


悪名高い松永久秀のイメージがガラリと変わる作品

W「織田信長や明智光秀ほどの知名度はありませんが、その時代の重要人物の一人として忘れてはいけない人、それが松永久秀です」

P「多くの謎につつまれた人物で、信長に二度謀反を企て、松永久秀の三悪“最初に使えた三好家の乗っ取り”、“将軍・足利義輝を滅ぼしたこと”、“東大寺大仏殿を焼き払ったこと”で知られています」

W「幼年時代から時代を追って進んでいきますが、面白いのは、この松永久秀のことを各章のはじめで回想のように語っているのが、あの信長であるということです」

P「人生50年と考えられていた時代に、人間はなんのために生まれてきて、なぜ生きるのかということをつきつめていく現代的な考え方をもった人物として描かれ、さらに謀反と三悪の真相とはいったいどのようなものだったかもしっかり書いているので、世間のイメージをくつがえす物語を楽しむことができます」

 

『黒牢城』米澤 穂信〔2021〕


信長に謀反した荒木村重を題材にした歴史ミステリー小説の傑作

W「信長に謀反を起こした代表的な人物といえば、明智光秀、松永久秀、そしてこの小説の主人公の荒木村重です」

P「信長に反旗を翻し、有岡城に籠城する荒木軍だが、共闘しようとした毛利や宇喜多の軍勢は到着せず、城内では村重の意に反するような難事件が頻発し、不穏な雰囲気が漂います」

W「信長の使者として説得に来た軍師、黒田官兵衛を幽閉しますが、彼の知恵を頼って、アームチェアディテクティブよろしく牢に入れられたまま密室殺人や不可能現象の謎を解決しようとする連作短編の歴史ミステリーです」

P「史実に即して荒木の行く末を辿りつつも、歴史の裏側を利用して一級のミステリー小説に仕上げてしまった著者の新たな真骨頂といえる傑作」

 

『太閤暗殺』岡田 秀文〔2002〕


秀吉の命を狙うのは、あの天下の大盗賊!

W「秀吉が晩年頭を悩ませたのが後継ぎ問題。実子の死去により甥の秀次に関白を継がせた後に、なかば諦めていた子、捨(後の秀頼)が生まれたからです」

P「秀吉の心変わりに危機感を募らせた秀次の側近が企てたのが、秀吉暗殺です。そして、それを依頼した相手が、あの大盗賊の石川五右衛門というところがこの小説の面白いところです」

W「虚実織り交ぜて、五右衛門の過去も描き、密室トリックやあっと驚く結末が待っている歴史時代ミステリーの傑作です」

 

江戸時代

『影武者徳川家康』隆 慶一郎〔1989〕


歴史のIF伝奇小説の金字塔といえる傑作

W「関ヶ原の戦いで西軍によって家康が暗殺され、それを知られないように以後影武者が入れ替わるというストーリー」

P「徳川実紀」をはじめとする数々の資料に基づいたストーリーで、この説に則った方がより事実としては自然と思わせるような、虚構によって歴史を捉え直すという著者の視点で見事に描かれています」

W「最大の敵は豊臣ではなく身内で、後の第2代将軍・秀忠。風魔対柳生など忍による戦いが繰り広げられ、大阪の陣までの15年にわたる戦いを丁寧に描いた著者畢生の作品」

 

『宮本武蔵』吉川 英治〔1936-1939〕


宮本武蔵のイメージを決定づけた傑作

W「宮本武蔵は多数の作家によって描かれていますが、我々が思い描く一般的な武蔵像を決定づけたのがこの吉川英治版です」

P「井上雄彦作『バガボンド』の原作としても知られていますね」

W「17歳の武蔵(たけぞう)が、関ヶ原の戦いで敗れ、逃げ隠れるように故郷に帰り、騒動を起こします。

沢庵和尚に捕らえられ、罰による3年間の幽閉によって人間的に一皮剥け、宮本武蔵と名を変え鍛錬の旅に出て成長していく様子から佐々木小次郎との巌流島までの決闘までを描きます」

P「文庫版だけでも多数出版されていて、だいたい6〜8巻完結、新潮版は8巻で字もまるで児童書のように大きくスラスラ読めるのが特徴です」

 

『城のなかの人』星 新一〔1973〕


これは珍しい、SFショートショートの巨匠による歴史小説

W「星新一さんといえば、SF作家でショートショートというイメージしかないという方もいるかと思いますが、意外にも歴史/時代小説も書いています」

P「この作品は、1973年に刊行された5つの短編で構成されている短編集で表題作の「城のなかの人」は100ページ弱とショートショートになれている方にはちょっとびっくりのボリュームかもしれません」

W「5編のうちの3作は豊臣秀頼と由井正雪、小栗上野介忠順を主人公とした歴史小説で、他2作はとある藩のフィクション話の時代小説となっています」

P「中でも豊臣秀頼を扱った「城のなかの人」と小栗上野介忠順を扱った「はんぱもの維新」は、ある程度歴史的事実に即して書かれているのですが、その切り取り方と構成の妙は、さすが星新一というような一味違った歴史小説となっています」

W「由井正雪を扱った「正雪と弟子」は、史実をベースにしつつもかなり脚色を加えられていて、まるで現代の詐欺セミナーをなぞらえているような面白いストーリー、星さんのショートショートでみられるように、ラストはちょっとひねったオチとなっていて、にやりとさせられます。歴史/時代ものとはいえ、全体的にブラックユーモアがたっぷりこめられていて、とっても読みやすい作品です」

 

『沈黙』遠藤 周作〔1966〕


信仰か人々の命か、究極の選択に心が揺さぶられる傑作

W「多くのキリスト教関連の作品を書かれている遠藤周作の中でも映画化された文句なしの傑作が本作」

P「キリスト教が弾圧されている島原の乱直後が舞台で、日本に潜入してきたポルトガル人司祭の物語です」

W「密告により捕らえられた司祭が棄教を迫られ、彼が棄教しないために民が拷問されるというジレンマに、どう決断を下すのかという、信仰を天秤にかけた究極の選択を描く胸にせまる、一度は読んでおきたい作品です」

 

『最後の忠臣蔵』池宮 彰一郎〔1994 ※原題は『四十七人目の浪士』〕


赤穂事件の後日譚を描いた連作短編集

W「著者の忠臣蔵三部作のうちのひとつで、諸説ある赤穂事件の後日譚に、独自の解釈で光をあてた連作短編集です」

P「赤穂浪士47人の中でただ一人の足軽、寺坂吉右衛門。吉良邸討ち入り後に大石内蔵助に命じられたのは、幕府に事件を歪曲されないように、ただ一人生き延びて生き証人となるということでした」

W「寺坂にとって義に殉じることもできずに生きるということは、法を犯して逃げる辛さと難しさを同時に味わうことでもあります

P「居を構えず全国を渡り歩き、同士の残された家族への報告や暮らし向きの相談のために奔走する様子は過酷で、悲哀にあふれています」

 

『ぼんくら』宮部 みゆき〔2000〕


時代ものを書かせても超一級

W「時代ミステリーの傑作『ぼんくら』シリーズ第一作目」

P「舞台は、深川の鉄瓶長屋と呼ばれる長屋で長屋の持ち主は、築地の湊屋総右衛門。その長屋には、八百屋や煮売屋、魚屋、駄菓子屋などが並んでいますが、なぜかひとり、またひとりとだんだん店子(入居者)が減っていきます」

W「なぜ、店子が減っていくのか、長屋でいったい何が起こっているのか?というのが大まかな謎となります」

P「前半は一話完結で、連作集かと思ってしまいますが、その一話ごとの事件がすべてひとつの理由でつながっており、上巻の終盤からは長いパートになって、その一連の事件の謎解きがはじまっていきます」

W「主役で風采があがらない感じの同心(巡回、治安維持にあたる役人)・井筒平四郎と、その甥でなんでも計らないと気が済まないというちょっと変わった美少年・弓之助が事件の陰謀の謎にせまっていくのですが、時代小説が苦手な人でも、舞台が江戸というだけで、とても読みやすく普通のミステリーと変わらず読むことができる傑作だと思います」

 

『みをつくし料理帖』高田 郁〔2009-2014 全10巻〕


読まないでおくには、あまりにももったいない連作時代小説の傑作

W「『みをつくし料理帖』はシリーズ全10巻で、各巻、4〜5編から成っています連作短編集です」

P「舞台は江戸の神田明神下御台所町の蕎麦屋「つる家」。その調理場で料理の腕を振るう澪(みお)が主人公です。正直、読む前は自分も江戸時代に女子の料理人小説にどんな面白さがあるのかわからず、ずっと触手が伸びなかったのですが、涙あり、怒りあり、と喜怒哀楽の物語で溢れています」

W「一巻目のイントロダクション的な部分から、えっ、シリーズなはずなのにどうなってしまうの、というような病気や店の危機まで、ハラハラの連続です」

P「澪がかつて大坂で上方料理を作ってきた味は、江戸の人々にはなかなか受け入れられず、どうやったら江戸の人々の口に合う自分独自の味が作れるか悪戦苦闘しながら作り出していく様や、やがて評判になっていく澪の料理に妬みをもって嫌がらせを受けたりと、まるで池井戸潤の小説に出てくるライバル企業のようで、まさに現代のお仕事小説さながら。さらには大坂で生き別れた親友の存在やいつも陰ながら助けてくれる男の正体など先が気になる要素も満載」

W「巻末には各話で澪が作った絶品レシピが掲載されていて、実際にその味を楽しむことができるのもこの作品の魅力のひとつとなっています」

 

『善人長屋シリーズ』西條 奈加〔2010-〕


読善人か悪人か直木賞作家の傑作シリーズ

W「2020年に『心淋し川』で直木賞を受賞した著者が描くシリーズ作品」

P「善い人ばかり住んでいるという評判の長屋ですが、実はその実態は盗人や美人局、情報屋など裏家業を持つ“悪党”たちが住人です」

W「その長屋に人助けが生き甲斐の本物の善人が転がり込んできてしまうからどんどん事件の解決に長屋の面々が巻き込まれていく連作短編集です」

P「悪党たちは、本当に悪党なのか、それとも善人なのか、それは読んでからのお楽しみです」

 

江戸時代〜明治時代

『燃えよ剣』司馬 遼太郎〔1964〕


新選組副長・土方歳三の生涯を描いた傑作

W「幼少時からバラガキと呼ばれ、鬼のように敵にも味方にも恐れられた新撰組副長、土方歳三」

P「そんなイメージとは裏腹に、色恋も含めて人情味あふれる一面をあわせ持つ。地の文に著者の解説を挟みながら、近藤、沖田と出会う天然理心流道場時代から、函館までの道のりまで、虚実いり交えてあますことなく描いています」

W「歴史上、一、二を争う人気があるのも納得で、涙なしに読めないラストは震えます」

 

明治時代〜大正時代〜昭和時代

『熱源』川越 宗一〔2019〕


アイヌと樺太の歴史を描いた直木賞受賞の傑作

W「主な登場人物は、樺太(サハリン)で生まれたアイヌのヤヨマネクフ(山辺安之助)、ロシア皇帝暗殺を謀った罪でサハリンに流刑となったポーランド人で民俗学者のブロニスワフ・ピウスツキ、そしてソヴィエト連邦軍の伍長で女性狙撃兵のアレクサンドラ・クルニコワと実在の人物で、史実をもとにしたフィクションです」

P「アイヌの人々は自分たちの生活を送りたいだけなのに、疫病や戦争、さらには国によって自らの文明を脅かされ、窮地に立たされていき、ポーランド人のブロニスワフ・ピウスツキは、そんなアイヌの人々に教育の必要性を訴え、教育の場を作ることに尽力します」

W「自分の生まれた故郷が、勝手な国々の都合によって理不尽に奪われていき、日本人にされそうになったアイヌと、ロシア人にされそうになったポーランド人、アイデンティティとは何かを深く考えさせられます」

P「日本とロシアという2つの大国に翻弄されるこの3者を中心に、明治維新後から第二次世界大戦終戦まで樺太アイヌの壮大な戦いの物語を描く、第9回「本屋が選ぶ時代小説大賞」受賞作にして、第162回直木賞(2019年下半期)受賞作」

 

まとめ

ウィック
いかがでしょうか
ど定番からちょっと一味違う作品を選んでみました
ペディ
ウィック
ぜひ歴史/時代小説の世界に浸ってみてください

 

こちらの記事もおすすめ!

【おすすめロックな小説】ロックや音楽好きなら一度は読んでおきたい、ロックを題材にした小説

こんな方に ロックや音楽が好きな方 ロックも小説も大好きという方 ロックを題材にした小説を探している方 こんな方におすすめのロックを題材にした小説をご紹介します。   ペディロックを題材にし ...

続きを見る

【おすすめヒューマンドラマ小説】心を揺さぶられるテーマ別傑作 20選+α

こんな方に 面白い小説を知りたい方 感動したり、心揺さぶられる作品を読みたい方 テーマ別に小説を探したい方 こんな方におすすめのヒューマンドラマ系小説をご紹介します。   ウィック本当にすば ...

続きを見る

【おすすめミステリー小説】これだけは外せない本当に面白い名作30選+α

こんな方に ミステリー小説初心者の方 ミステリー小説の定番を知りたい! 年代別におすすめのミステリー小説を知りたい! こんな方におすすめの定番ミステリー小説をご紹介します。   ウィックミス ...

続きを見る

【おすすめスポーツ小説】さわやかな青春を感じたいなら一度は読んでおきたい名作

こんな方に スポーツが好きな方 スポーツも小説も大好きという方 スポーツを題材にした小説を探している方 こんな方におすすめのスポーツを題材にした小説をご紹介します。   ウィックスポーツ小説 ...

続きを見る

-

Copyright © wick and peddy , All Rights Reserved.